露のついた葉

電解水生成装置

消毒

塩素酸カリウムと水道を使って生成される電解次亜塩素酸水。
高い殺菌力を持ち、葉や実についた微生物を殺菌します。
残留性も作物や土壌への影響も極めて少ないため、安全・安心にお使いいただけます。
化学農薬(殺菌剤)を削減する事も可能なため経済的です。

電解次亜塩素酸水は特定農薬に指定されています。

次亜塩素酸水は、2013年より「農薬取締法」において「特定農薬」に指定されています。特定農薬というのは「有機栽培で使用する農薬の代替品」のことであり、「その原材料に照らし農作物等、人畜及び水産動植物に害を及ぼすおそれがないことが明らかなものとして農林水産大臣及び環境大臣が指定する農薬」と定義づけられています。

家族で収穫

電解水生成装置によるメリット

土
土壌に薬剤が蓄積しない

農業用の電解水(電解次亜塩素酸水)は、「塩化カリウム水溶液」を電気分解してできる酸性電解水です。 pH6.5以下、有効塩素濃度10〜60mg/kgのもので、殺菌効果があるのが特長です。残留性も作物や土壌への影響も極めて少ないため、 安全・安心にお使いいただけます。

1. 
生産者の健康

残留性が低く殺菌消毒後水に戻りますので生産者の健康被害を軽減させることができます。また、これまでの農薬散布時に比べ、ゴーグルやマスク、手袋の着用といった重装備の必要がなく、水やり感覚で簡単に散布できるため作業効率が上がります。

農業体験をする若者
2. 
減農薬栽培が可能

次亜塩素酸水を病害菌を防除に使用することにより、農薬や化学肥料の使用を抑えながら、病害の発生を減らし、作物の健全生育が可能になります。また、有機栽培にかかる作業の負担の軽減にもつながります。

野菜
3.
化学農薬削減によるコストカット

減農薬や有機農業における病害虫防除に活用できるため、農薬費用等の生産コストの削減が可能です。

野菜
4. 
生産物が安全、健康的

電解次亜塩素酸水は高い殺菌力を持ちながら、作物へのダメージや残留性が極めて低く、人体に害を及ぼすおそれがないとされてるため、生産物を安全に提供することができます。また、作物にも残留しないことから収穫直前まで散布することができます。

トマトを食べる男の子
5.
いちご栽培
土
ビニールハウス